ここが変だよ・日本の医療
聴診器

日本は世界的に見ても医療費負担が高額な国です。通販サイトを賢く利用して少しでも負担を軽減していきましょう。

なぜ日本は新薬の承認が遅いのか

時計を気にする男性日本は新薬の承認が遅く、海外では当たり前のように使われている薬でも、日本では未承認のために使えないことがあります。
ドラッグラグとも呼ばれている問題で、難病に苦しんでおり、新薬に期待している人にとっては大きな問題です。

なぜ日本は新薬の承認が遅いのかは、原因がいくつか存在しています。
まず1つ目の原因として新薬を承認する体制が不十分だからです。
海外では医師と製薬会社が直接契約を結び治験を行っていますが、日本では直接契約することは認められておらず、治験をしても医師が得られるメリットが少ないので、なかなか治験が進んでいません。

2つ目の原因として、体制だけの問題ではなく、日本は治験に協力的な人が少ないです。
治験に前向きな医師がいても、しっかりと安全性が保障されたものでなければ使いたくないという患者が多いです。
海外では積極的に治験に関わろうとする患者も多いことから、スムーズに治験が進んでいます。

海外で治験に協力的な人が多いのは、医療費が高いことも理由の1つとして挙げられます。
治験に協力することで治療費が無料もしくは安くなるのであれば、リスクを背負ってでも、そちらが良いと考える人がいます。
日本では健康保険が完備されているので、リスクを背負ってまで、治験を受けたいと考える人が少ないです。